メロコアバンド│”キュウソネコカミ”の魅力とオススメ曲10選まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
出典:キュウソネコカミ公式サイトより

兵庫県西宮市を拠点に活動する国内のメロコアバンド(邦ロック)の、”キュウソネコカミ”。ちょっとだけ自虐的で、ちょっとだけディスって、けれどカッコつけず本音全開の曲が共感ありありでカッコいい!各地の音楽フェスでもひっぱりだこ!その彼らのその魅力と、ライブでよく歌うオススメ曲10選ご紹介!

”キュウソネコカミ”の魅力

ヤマサキ セイヤ(vo,g)、オカザワ カズマ(g)、カワクボ タクロウ(b)、ヨコタ シンノスケ(key,vo)、ソゴウ タイスケ(ds)の5名編成によるロックバンド「キュウソネコカミ」

「キュウソネコカミ」は、2009年12月に関西学院大学の軽音楽部の同期を中心に兵庫県で結成。西宮市を拠点に活動しているロック・バンド。

バンド名の由来はRPG『ファイナルファンタジー』シリーズに登場する”ピンチになると攻撃・回復ともに9999になる”アイテム装備アイテム「キューソネコカミ」から。

インディーズから2014年にはついにメジャーへ進出。

ライヴでの人気は特に高くて、各地の音楽フェスからもひっぱりだこの彼ら。

「キュウソネコカミ」の曲は全ての歌詞をボーカル・ギターを担当するヤマサキ セイヤが手掛け、作曲はバンド全員で行っている。

その彼らが表現する歌詞はとにかく本音でストレート!カッコつけずにありのままの本音をぶちまける。ときにはちょっとだけ自虐的で、ちょっとだけ世間をディスったりもして、けれど何故か憎めない、むしろ共感を持ってしまう誰もが抱える色んな場面でのフラストレーション。

それは現実(リアル)と夢の狭間で理想通りにいかない理不尽さに対する葛藤や苦悶を、普通ならカッコつけて言えないような心の声…

心理をカッコつけずにストレートに表現して聴く者の悶々とした日常を代弁してくれるかのような包み隠さないド本音100%が心地よく心に響いてくる。それが日頃抱えるストレスから解放されるかのようにまた気持ちがいい。

そんなディスかっこいい歌詞を疾走感のあるメロディーに乗せて、セイヤのクリアーなハイトーンボイスで歌い上げる。それが「キュウソネコカミ」の魅力でしょう。

また彼らの魅力はその圧倒的なライブパフォーマンス!キーボード・ボーカル担当のヨコタ シンノスケによるノリノリのライブパフォーマンス。そしてファンなら誰もが知ってるお約束となったヤマサキ セイヤのダイブからの手の上を歩く。ウォーキング オン ハンド!

特にライブでは盛り上がる場面で「DQNなりたい、40代で死にたい」の曲のとき「ヤンキーこーわいー」の歌詞に合わせてウォーキングするのが恒例となっているのでこれからキュウソネコカミのライブデビューする人は覚えておいて!

また、ウォーキングするとき着用しているのはナイキの赤いスニーカーを愛用しているとの事。

NIKEのコービー11?フリーランフライニットにも見えますが、ベロのロゴが左右違うのでどこかのコラボスニーカー?でしょうか。

また「MEGA SHAKE IT !」はハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”CM曲を。「GALAXY」は「ドラゴンボール改」のエンディングテーマ。初のラブソングに挑戦した「米米米米」では「クボタ LOVE米プロジェクト」テーマソングなどタイアップ曲も担当しているのが記憶に新しいところ。

2018年は、4月に5thシングル「越えていけ/The band」、12月に3作目のフルアルバム『ギリ平成』をリリース。今メロコアバンドの中で勢いのある彼らとともに「行こうぜその先へ令和!」

”キュウソネコカミ”オススメ曲10選

MEGA SHAKE IT !

ハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”CMのタイアップ曲。MVでは80年代ジャニーズ風アイドルに扮したメンバーに注目!世間の理不尽さに葛藤する日頃のしがらみをメガシャキになって歌い上げる。

ハッピーポンコツ

一生懸命やっているのになんかズレてる

一生懸命やっているのに笑われている

めちゃくちゃ頭いいのにからかわれてる

めちゃくちゃ仕事出来るのに笑われている

そんな愛すべきポンコツ

ハッピーポンコツな人へ贈る「キュウソネコカミ」からのちょっと切ないナンバー。

ああ…すごく共感してしまう(´;ω;)ウゥゥ

ビビった

バンドのリアルな現実を皮肉を混ぜて、鋭い視点で表現したナンバー。売れるバンドと売れないバンド。売れるためには不本意にキャッチーな曲にしなきゃいけない、ジレンマを軽快な曲に乗せて歌う。

ビ ビビ ビ ビ ビビった。

The band

5thシングルから「The band」ちょっと切なくそしてカッコイイ、ロックとバンドとライブを愛する「キュウソネコカミ」の想いが詰まった疾走感あふれるナンバー。彼らのこだわるロックバンドで居続ける、そんな純粋な気持ちが伝わってくるポジティブシンキングな歌詞に、胸が熱くなり、感動し、そしてライブで盛り上がる事間違いなし! 

ファントムヴァイブレーション

スマホに依存する日常の日々を、すでにスマホは俺の臓器と言えるほど無くてはならないものになってしまった事をキュウソネコカミ節のストレートな歌詞に乗せてキャッチー(キャッチーですよ!)に聴かせてくれるナンバー。

ああスマホはもう手放せない(´;ω;)ウゥゥ 

米米米米

キュウソネコカミ初のラブソング?となるこのナンバー。米米米米と書いて「べいまいべいべー」と読む。株式会社クボタがお米への愛を伝えるプロジェクト「クボタ LOVE米プロジェクト」のためにに書き下ろした楽曲で小学館発行のラブコメ5作品・『アフロ田中』シリーズ・『うる星やつら』・『からかい上手の高木さん』・『ツルモク独身寮』・『ハヤテのごとく!』とコラボレーションして、制作されたスペシャルMVは漫画ファンも必見!

メンヘラちゃん

もしも彼女がメンヘラだったら…?そんなその身に起こったら恐ろしい体験をロックな音源でハードに歌う?

越えていけ

5thシングル「The band」とのカップリング曲。メロコアながらもバラード調なナンバ―。夢と理想のもどかしさ、足掻いても才能あってレールに乗ってるヤツに勝てないけど勝ちたい!ああ本当に共感してしまう(´;ω;)ウッ…

わかってんだよ

歌を作っても作り直しても認められない、それでも先に進まなきゃ行けない…けれど行き詰って歌を書けない…売れる歌ってなんなのさ?そんな心情のとき、そんな状況の中、映画「14の夜」主題歌の依頼を受けて書かなければなかったという逸話があるこのナンバー。

現実何をやっても勝てない。本人は必至に頑張って主役になれるつもりだった…けど現実はクズにも劣る脇役…ヤバい泣けてきた( ノД)シクシク…

まるでこれワタクシの事を歌詞にしたの?これが噛めば噛むほど味が出るキュウソネコカミの共感ソング?  

ギリ昭和 〜完全版〜

ライブではほぼ毎回セトリに入るのが、この「ギリ昭和 〜完全版〜」

キュウソネコカミが出演する全国フェスに行くなら覚えておきたいのがこの曲!ギリ昭和世代も平成世代も一緒にライブで盛り上がろう!サークル&モッシュ&ダイブ!

Amazon.co.jpで買う
ギリ平成 (完全生産限定盤[CD+DVD)
  • キュウソネコカミ
  • 価格   ¥ 3,320 ¥ 4,180
  • 販売者 まーるまる堂
クリックして今すぐチェック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク