ダイワハウス【賃貸住宅 D-room】D.U-NET を徹底検証!回線速度は申し分無し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
出典:https://www.dunet.co.jp/

大和ハウスが施行管理する賃貸物件【賃貸住宅 Droom】に住むことになりました。せっかくなので、D.U-NET(株)が提供する、光回線※を利用した無料のインターネットサービス名称そのまま”D.U-NET”を使用してみて気になる使い勝手や回線速度等を徹底検証してみました。自宅から現地レポートです。

ダイワハウス【賃貸住宅 D-room】D.U-NET

D.U-NET(インターネット)とは?

D.U-NET(株)が提供する、光回線※を利用したインターネットサービス。マンションタイプの光と同じく、建物一つに対して1Gbpsの光回線が引き込んであり、PT(Premises Termination)に接続。その1つの回線をLAN配線方式により共有し各戸へLANケーブルでインターネット回線が供給される。LANケーブルで分岐させているので、各戸ではモデムなどの機器を据え置く必要もなく何の設定もする事なくすぐその日からインターネットに繋ぐ事が出来るサービス。

こちからが、”D.U-NET”が提供されているダイワハウスの賃貸物件に備え付けてある、LANポート。

「QRコード」横のLANポートにLANケーブルを差し込むだけで、設定する必要もなくインターネットをすぐ使用することが出来ます。

※LANケーブルとパソコンの間にはモデムなどの機器を備え付ける必要がありません。直配線でインターネットが使用出来ます。

また「QRコード」シール横以外のLANポートにはインターネット回線が通っておらず各自で用意した Wi-FiルーターのLANポートから、「QRコード」横以外のLANポートへ、インターネット回線を通す(自身のパソコンでWi-Fiルーター中継させる)ことで他の部屋にもインターネット回線が通り、各部屋で使用する事も可能になります。

まあ無理に他の部屋にも回線を通さずとも、Wi-Fiルーターから無線LANで使用すればいい話ではありますが。

メインでパソコンを使用する部屋以外でも通信速度を落とさず使用したいのならなら、Wi-Fiルーターからインターネット回線を戻して、他部屋でも有線接続してやって下さい。

D.U-NET(インターネット)LAN配線方式とは?

集合住宅(マンションタイプ)の導入工事と配線方式は3つの方式があります。

まず、集合住宅(マンションタイプ)は戸建てタイプと違い、一つの建物に1つの光回線のみで引き込まれています。

その1つの光回線を共有スペースから各戸へ分岐させますが、そこからの回線方法の違いです。その3つの方式で通信速度は格段に違ってきます。

各戸まで引き込んだ光回線を各戸に設置してある「回線終端装置」まで同じく光ファイバーで接続します。

共有スペースからの通信速度の分散もなく現時点で一番速い通信速度となります。

共用スペースに設置した回線終端装置から各戸までは、既存の電話回線用ケーブルを利用します。

そして各戸には電話回線用モジュラージャックを経由して「VDSL宅内装置」を据え置き設置してパソコンへ接続します。

せっかく共有スペースまで光回線で引き込まれていても、電話回線で伝送させるため、かなり通信速度が遅い通信速度となります。

共用スペースに設置した回線終端装置から各戸までは、LAN差込口とつながっているLAN配線をLANケーブルでつなげます。

メタルケーブル(一般電話回線)で接続されているVDSL方式は、最大でも100Mbpsですが、LAN配線方式では100~200Mbspまで通信速度が出せてさらに通信速度も安定しています。

とはいえ、ここまでの速度はあくまで配線方式のみでの話で、集合住宅(マンションタイプ)の問題はその戸数。

集合住宅は戸数に関係なく一つの建物に1つの光回線のみで引き込まれています。

そのため1Gbpsの光回線を共有して使用するため戸数が多ければ多いほど比例して通信速度は遅くなります。

単純に通信速度は

1Gbps ÷ 戸数 = 各戸の通信速度

という事になりますが、この計算に回線方式が加味されるので同じ戸数でも

光回線方式 > LAN配線方式 > VDSL方式

という事になります。

D.U-NET(インターネット)通信速度  検証結果

  • Ping「応答速度」
  • Download「下り」
  • Upload「上り」

を、それぞれ

  • 「昼間の14時」
  • 「ゴールデンタイムの23時」

でそれぞれ計測しました。

「昼間の14時」

https://www.speedtest.net/

https://www.bandwidthplace.com/

https://sourceforge.net/speedtest/

測定したサイトによってかなりバラつきがありました。

そして Ping「応答速度」の速度の目安は以下になります。

「ping」値 スピード
30ms以下 速い
50ms 普通
100ms以上 遅い

30ms以下なら通信速度は「速い」となっており、一番速い数値で

Ping:4ms

下り:168Mbps

上り:93.8Mbps

出ており、実際かなり速いです。

動画を2サイト同時に視聴しても全く遅延がありません

そして一番肝心の戸数ですが、管理人が居住している「D-room」は「4戸」のみの物件(101~202まで)です。

共有していていも戸数が少ないと、通信速度は十分速いことがわかりました。

「ゴールデンタイムの23時」

https://www.speedtest.net/

https://www.bandwidthplace.com/

https://sourceforge.net/speedtest/

一つの回線を共有する仕組みの集合住宅で一番速度が遅くなる(各戸がインターネットをよく使用する時間帯)と言われている「ゴールデンタイムの23時」で計測した結果がこちら。

Ping:24ms    

下り:119Mbps

上り:109.5Mbps

それでも、Ping値が、30ms以下の24ms出ており、十二分に速いです。上り下りともに、100Mbps以上の通信速度が出ており、ダウンロード、アップロードともに快適な速度でした。

よって「通信速度」の結論としては、集合住宅の場合、配線方式よりも戸数のほうが重要だと実感しました。

このダイワハウス「D-room」(戸数4戸)の前は、フレッツ光ネクスト(VDSL方式)戸数20戸のマンションに住んでましたが、壊滅的なほど通信速度が遅かったです。

ゴールデンタイムで、下り4Mbps、上り2Mbpsくらいしか出ておらず、ネットサーフィン、動画視聴とも遅く、もちろんワードプレスのダッシュボードでの通信速度もむちゃくちゃ遅くて、ブログが捗らないにもほどがあるほどでした💦

D.U-NET(インターネット)使用料金

・基本インターネット使用料金 

0円(無料)

フレッツ光の月額利用料が2,850~3,950円なので、0円(無料)は地味に嬉しい。

・無線LAN機器レンタル

初期費用 無料
月額料金 500円(税別)

無線LANルーターを月500円も出してレンタルするくらいなら、Amazonや、ヨドバシなどで買いましょう。

以下オススメの3機種。

・PC+Androidセキュリティ

初期費用 無料
月額料金 350円(税別)

Windowsパソコン・Android端末3台まで対応する総合セキュリティサービス。年額にすると4,536円(税込)。

管理人は、引っ越し前から「Norton」(ノートン インターネットセキュリティ)ユーザーだった為、利用するつもりはありませんが、ノートン セキュリティ プレミアム (最新) | 3年 3台版がAmazonで、10,000円くらいなのでそちらを推すかな?

Amazon.co.jpで買う

けどセキュリティに関しては好みで選んだほうが良いので、セキュリティを入れていないなら、PC+Androidセキュリティオプションを選んでみるのも良いかもしれません。

・IP電話(050番号)

合計費用 内訳
初期費用 1000円(税別) 初回登録料:500円
IP電話アダプター初期設定費:500円
月額料金 800円(税別) 基本料金:300円/月
IP電話アダプターレンタル料:500円/月

自宅で固定電話を使用したいなら必須で利用したほうが良いのが、このIP電話。

D.U-NET物件では光電話が契約出来ないので、わざわざ固定電話を契約するなら光電話とほぼ同じくらい通話料金が安いIP電話は必要かと思います。

国内固定電話への通話 8円/3分(税別)
国内携帯電話への通話 15.9円/分(税別)

ただし光電話に比べるとデメリットが多く

  • 110,119などの緊急電話
  • 0120のフリーダイヤル

かけることが出来ません。

そして電話番号は、050~となります。

・グローバルIP

初期費用 無料
月額料金 1,000円(税別)

D.U-NETは、プロバイダ契約不要で、IPアドレス(IPv4)はプライベートIPアドレス(動的IPアドレス)でのインターネット接続です。

デメリットとしては一部利用出来ないオンラインゲームやテレビ電話があるので、それらを利用したいなら必須のサービスと言えるでしょう。

とは言え、D.U-NET前の物件から利用しているプロバイダを解約せずそのままにしていましたが、プロバイダのメールアドレスが「D.U-NET物件」で普通に使えてます。(メールソフト:OUTLOOK)

ブログをする為の、レンタルサーバーとの通信、ワードプレス、レンタルサーバーへのFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル):FTPも何ら問題なく使用出来るので私は今のところグローバルIPを月額1,000円出してまで利用するメリットを感じませんが…

D.U-NET(インターネット)総評

インターネット利用料金の2,850~3,950円が無料な上、戸数が少ないことが幸いし通信速度も申し分なく、管理人的には「D.U-NET」かなり快適です。

引っ越す前、D.U-NET」の通信速度は遅いという記事がネットで散見されていたのでけっこう心配していましたが、そもそもそれらの記事は建物一つに1つの回線を引き込む「戸建てタイプ」と比較して遅いと言っているのではないでしょうか?

集合住宅(マンション)に居住する人はわざわざ「戸建てタイプ」の光回線を契約しないでしょうし(※電柱から直接その部屋のためだけにエアコンのダクトなどを利用して光回線を引き込む工事が必要になる。)どんな回線方式であろうともマンションタイプなら建物一つに1つの回線を共有させるので文中でも説明しましたが、戸数に比例して通信速度は遅くなります。

それでも集合住宅で少しでも速い通信速度でインターネットを利用したいのなら、

  • 光配線方式が導入されている物件を探す
  • 戸数が少ない物件を探す
  • 戸建てタイプに契約する(これが一番通信速度が速い)

を優先順位に物件探しをしてはいかがでしょうか?

また、D.U-NET物件では、UNEXT<ユーネクスト>の機器が無料で貸与され一部の有料レンタルを除き動画が無料視聴出来ます。配信されている動画の内容は、Amazonプライム・ビデオとかなり被ってますが…