“パーカー”もトレンドはビッグシルエット!コーデまとめとオススメブランド7選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2016年ごろから流行し一気にトレンドとなった、ビッグシルエットビッグTを始めとしたデニムジャケット、MA-1などが街を席巻し、どのブランドでも今やビッグシルエット・オーバサイズが最旬トレンド!もちろん定番スウェットのパーカーも、もちろんビッグパーカーがトレンド!その魅力とオススメコーデ。そしてオススメブランド7選!

スウェットビッグパーカーの魅力

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000DVS5

今年の秋から冬にかけて大本命のアイテム、それが「ビッグシルエットパーカー」「ビッグパーカー」でしょう。

2016年ごろから流行し一気にトレンドが巻き起こり、街を席巻。いまやどのブランドも多かれ少なかれこのビッグシルエットを取り入れています。

そのビッグシルエットの魅力は、そのを一枚着ているだけで「こなれ感」が演出出来る上に、カジュアルな雰囲気を持つビッグパーカーは同時に「抜け感」も出す事が出来ます。

出典:http://zozo.jp/shop/mono-mart/goods-sale/24052291/?did=44483913

スウェット素材のフードパーカー(プルパーカー)やトレーナー(スウェットシャツ)は毎年の定番アイテム。今年はメンズ・レディースともにそのスウェットに特にフィーチャーしたトレンドアイテムの年になる事は間違いなし!

今年は特にオーバーサイズのビッグシルエットや、スウェットの定番ラグランスリーブをさらにアップデートしゆったりした肩のシルエットから袖口に向かって細くなるドルマンスリープをミックスしたディティール。そして肩が大きく落ちるドロップショルダーなどのトレンドシルエットを採用し、USA製厚手のコットンであったりサイドにスリットを入れたりと、プリントを廃した無地がトレンドの本命になると予想します。

出典:http://www.dot-st.com/rageblue/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=816947

そのシルエット自体が特徴的で主張しているため、デザインとして成立しているからです。大き目なトップスはデザイン次第では子供っぽく見えてしまうので、カラーのみで魅せたカジュアルになりすぎない無地によるノームコアなスウェットは子供っぽさを中和し、むしろビッグシルエットを活かしたモードライクでフェニミンな魅力が演出出来ます。

出典:http://www.dot-st.com/hare/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=818655

カラーは定番の白・黒・グレーから今年は、ベージュ、ライトグレー、ライトブルーなどの中間色や、イエローやレッドなどのビビッドなカラーも人気となっています。この秋から冬かけては、カーキ、バーガンディー、ネイビーがトレンドカラーとしてマストバイとなってくるでしょう。

そういった意味ではよりシンプルなスウェットシャツ、いわゆるトレーナーのビッグシルエットも今年はパーカー並みにトレンドになるでしょう。

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000AIME

スウェットシャツに関してはまたの記事で特集するとして今回は「パーカー」「ビッグパーカー」にフィーチャーしてお送りします!

スウェットビッグパーカーのコーディネート

出典:http://zozo.jp/shop/mono-mart/goods-sale/24052291/?did=44483913

ビビットな赤のカラーパーカーに、ベースボールキャップ、ラインジャージを合わせたスポーツ系ミックスの今年大本命なコーディネート。着こなしも簡単なのでぜひ取り入れて!

出典:http://www.dot-st.com/rageblue/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=816947

黒のジップブルゾンに黒のボトムスと上品なブラックコーデの差し色にインナーに秋らしいベージュカラーのパーカーを。カジュアルなパーカーにモードな雰囲気をプラス。

出典:http://www.dot-st.com/hare/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=818655

大きく肩が落ちたドロップショルダーに短い着丈というレディースライクなパーカーに太いアンクル丈のボトムス。インナーにはドレスシャツを合わせた、まさにHARE(ハレ)スタイルなキレイ目モードなコーディネート。

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000DVS5

同じく太いアンクルパンツにローファーでコーデし、インナーにはラウンドカットソーのアンサンブルした着こなし。こちらはWEGOから。今年はビッグパーカー+ワイドパンツorトラウザーが大本命になる予感⁉

出典:https://www.spinns.jp/fs/spinns/m_pa/0016001-350672

こちらも白のパーカーにスポーツ系ミックスのコーディネートにチェスターコートを合わせるという一見すると相性が悪そうに見えるこの着こなしも、ノームコアな無地と色の組み合わせで調和のとれた上級者スタイルに。

出典:https://www.palcloset.jp/display/item/?di=TYZ2082306A0002

ベージュのビッグパーカーも黒のトラウザーにドレスシューズでシックで品がある大人なコーディネートに。この着こなしも真似しやすいので特に社会人のメンズにはぜひ参考にして欲しいコーデ。

ビッグシルエットパーカー おすすめブランド7選

CIAOPANIC TYPY(チャオパニックティピー)

出典:https://www.palcloset.jp/display/item/?di=TYZ2082306A0002

カジュアルなテイストが強く素材と着心地にこだわった、高いクオリティに定評があるオリジナルラインに加え、高感度でデイリーなカジュアルアイテムを国内外からセレクトしたラインも人気が高い「CIAOPANIC TYPY」店舗数も多く足を運びやすいのも魅力。

GU(ジーユー)

出典:https://www.uniqlo.com/jp/gu/styling/18109152

プチプライスの王様。ジーユー。ユニクロの株式会社ファーストリテイリングが運営するティーン向けファストファッションブランド。圧倒的なプチプラにInstagramで多くの人気ハッシュタグを生み出したほどファッションにこだわりを持つオシャレ層にファストファッションを認めさせた立役者。ユニクロよりもよりティーン向けにトレンドを意識した展開が特徴。

HARE(ハレ)

出典:http://www.dot-st.com/hare/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=818655

HAREの独特の世界観は多くのファッショニスタから人気が高く絶大な支持を得ている。キレイ目なモードスイタルなノームコアファッションをしたいなら迷わず「HARE」

MONO-MART(モノマート)

出典:http://zozo.jp/shop/mono-mart/goods-sale/24052291/?did=44483913

低価格でトレンド・品質を両立したアイテムを展開している「MONO-MART」主にZOZOTOWNで購入する事が出来ます。積極的にトレンドを取り入れつつもベーシックなアイテムで着る人を選ばないのでファッション初心者には特にオススメ。プチプライスなのも嬉しい。

RAGEBLUE(レイジブルー)

出典:http://www.dot-st.com/rageblue/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=816947

アメリカンカジュアルとヨーロピアントラディショナルを融合させ、素材とディテールにこだわりベーシックで落ち着いたキレイ目なラインを展開する「RAGEBLUE」モードになりすぎずカジュアルにもなりすぎないので幅広い層から支持されているブランド。

SPINNS (スピンズ)

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000DVS5

原宿系ファッションで人気の高いスピンズ。プチプラ、最先端のトレンドデザインでとにかく攻めたデザインが特徴。誰よりもトレンドを感じたいならスピンズで決まり!

WEGO(ウィゴー)

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000E8KG

ヤングストリートの人気ブランドWEGO。ファッションにこだわりを持つヤング層から絶大な支持を得ているだけにトレンドなアイテムから定番のものまで幅広くラインナップ。価格もプチプライスなのが嬉しい。ビッグパーカーだけでなく、どのカテゴリも展開するアイテム数が多いのも魅力。

ビッグシルエットパーカー まとめ

いかがでしたでしょうか?ビッグシルエットパーカーの魅力。

大きなロゴをあしらったロゴドンの流行も落ち着き、シルエットのみでこなれ感が演出できるビッグシルエットパーカーはカジュアルになりすぎないノームコアな無地で決まりでしょう!

出典:https://www.uniqlo.com/jp/gu/styling/18109152

サイズ感も難しくないのでジャストか大き目を着れば問題なく、そして着こなしも比較的簡単なのでファッション初心者にもオススメのアイテムです。

もちろんレイヤーで重ね着するアンサンブルスタイルや、これからトレンドの兆しがあるワイドパンツなどとのコーディネートでファッション上級者も楽しめるアイテムになります。一着あると着こなしの幅が広がる事は間違いないので、白やグレー、黒などの定番カラーも良し、トレンドカラーのベージュやカーキ、ネイビー。または赤や黄色などのビビットカラーなど色で悩んでみるのも楽しいですよ。

出典:https://gocart.jp/ap/item/i/A0GC0000DVS5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク