トレンドのビッグシルエットTシャツ魅力とコーデ、オススメブランド5選メンズ編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

2016年ごろから流行し一気にトレンドとなった、ビッグシルエットTシャツ。いわゆるビッグT。今年2018年も街を席巻し、どのブランドも多かれ少なかれビッグシルエットを取り入れています。もはやトレンドを超えて市民権を得て定番となった感のある、ビッグTシャツの魅力とオススメコーデ。そしてオススメブランド5選!メンズ編です。

ビッグシルエットTシャツの魅力

出典:gocart.jp

今年の夏大本命のアイテム、それが「ビッグシルエットTシャツ」

2016年ごろから流行し一気にトレンドが巻き起こり、街を席巻。いまやどのブランドも多かれ少なかれこのビッグシルエットを取り入れています。

そのビッグシルエットの魅力は、いわゆるビッグTシャツを一枚着ているだけで「こなれ感」が演出出来る上に、カジュアルな雰囲気を持つビッグTは同時に「抜け感」も出す事が出来ます。

出典:zozo.jp/shop/mementism

一昨年は単純に大きいサイズを着る感覚の、ビッグシルエットならずビッグサイズTシャツがよく見受けられましたが、だんだんとトレンドのシルエットも変化・多様化してきています。もちろんビッグサイズTシャツも今年も変わらずトレンドの中心です。

出典:www.spinns.jp

今年のトレンドのビッグTシャツのシルエットは、昨年以上に大きくドロップしたドロップショルダーに長めの袖丈がポイント。今年は5分丈ないし7分丈くらいの肘が隠れるほどのシルエットが人気です。そしてもう一つの大きなポイント。

ずばり短めの着丈。長い袖丈に短い着丈のバランスに、レイヤーで重ね着するアンサンブルが今年の大本命のコーディネートです。

出典:zozo.jp/shop/mangrove

そしてビッグTシャツと言えばやっぱりシンプルな無地。そして人気のビッグTシャツとセットと言ってもいい定番ディティールのポケット。ポケット無地ビッグTシャツが人気の中心アイテムです。素材はカジュアルなコットン100%のものが、ざっくりとした素材感から「抜け感」が出せるため、一番の主流となっています。

出典:www.dot-st.com/hare

もちろん綿100だけではなく、キレイ目なモード感が出せるサラッとした風合いのポリエステル混もオススメですよ。

カラーは定番の白・黒・グレーから今年は、ベージュ、ライトグレー、ライトブルーなどの中間色や、イエローやレッドなどのビビッドなカラーも人気となっています。この夏の終わりから秋にかけては、バーガンディー、ネイビーがトレンドカラーとしてマストバイとなってくるでしょう。

ビッグシルエットTシャツのコーディネート

出典:www.spinns.jp

定番中の定番、スニキーなどの細身のパンツにコンバースや、VANSのオールドスクールなどを合わせるコーディネート。今年も変わらない最強のコーデの一つと言っていいでしょう。ビッグTはもちろんざっくりとした綿100素材に白や黒のカラー。またはボーダーなどカジュアルなものが合います。

キャップなどでスポーツミックスするのもオススメです。

出典:gocart.jp

こちらは、WEGOのショップスタッフのコーディネートということもあり、かなりの上級者スタイル。細身のジーンズのロールアップの裾の丈感とソックス、スニーカーのバランスが絶妙です。キャップとネックレスにディティールポイントを集中させてシンプルになりがちなビッグTコーデに「こなれ感」を強く出しています。

出典:www.dot-st.com/hare

そしてこちら。今年非常によく見る上級者コーデ。ビッグTシャツにクロップド丈のスラックスを合わせるというキレイ目モードコーディネート。ブランドで言うと「HARE」スタイルと言ってもいいでしょう。シューズはサンダルやレザーシューズなどを合わせるのがポイント。スニーカーであればVANSのオールドスクールかスリッポンあたりが無難。

このキレイ目コーディネートならビッグTシャツの素材はサラッとしたポリ混にベージュ、ライトグレー、ライトブルーなどの中間色がバッチリでしょう。

出典:www.dot-st.com/hare

出典:www.dot-st.com/hare

さらに上級者コーデを二つ。ビッグTシャツに、ワイドパンツを合わせるコーディネート。パンツにインする着こなしもアリ。ただし上下ともビッグシルエットを持ってくる場合は高身長で細身でないと似合わないので人を選ぶコーディネートと言ってもいいでしょう。管理人はかなりの低身長なのでこのコーディネートは絶望的に似合わないので出来ません(泣)

出典:www.spinns.jp

そしてコーディネート例、最後のオススメがこちら。ロングスリーブTシャツをレイヤー重ね着し、今年トレンドのチノパンツでストリートカジュアルに。こういったストリートならTシャツは、上で述べたレッドや、イエロー、例のようなパープルなどビビッドなカラーが非常に相性よくオシャレに決まります。スニーカーはストリートな、VANSの他、ナイキのエア系スニーカーや、リーボックのインスタポンプフューリー など、ボリュームのあるものが文句なく良いでしょう。

ビッグシルエットTシャツ おすすめブランド5選

BEAMS(ビームス)

出典:www.beams.co.jp

王道ビームスのビッグTシャツは、トレンドの最先端。上質な素材に堅実な作りでファッショニスタ御用達のブランド。

ハレ(HARE)

出典:www.dot-st.com/hare

ビッグシルエットのトップスに、ビッグシルエットのボトムスをモードな素材感のアイテムで、HAREスタイルを作り上げるにはもうハレしかないでしょう。モード男子になりたいならば迷わずHARE。

WEGO(ウィゴー)

出典:gocart.jp

ヤングストリートの人気ブランドWEGO。ファッションにこだわりを持つヤング層から絶大な支持を得ているだけにトレンドなアイテムから定番のものまで幅広くラインナップ。価格もプチプライスなのが嬉しい。もちろんビッグTも様々なコラボレーションものからバリエーション広く取り揃います。

GU(ジーユー)

出典:www.uniqlo.com/jp/gu

プチプライスの王様。ジーユー。トップスのカテゴリに、ビッグTがあるくらい力を入れており、かなりのアイテムがバリエーション豊富に撮り揃います。ほとんどが¥990(税別)というアリエナイ低価格も魅力の一つ。

SPINNS (スピンズ)

出典:www.spinns.jp

原宿系ファッションで人気の高いスピンズ。プチプラ、最先端のトレンドデザインと文句なくオシャレに決まるファッションが見つかるでしょう。

ビッグシルエットTシャツ まとめ

いかがでしたでしょうか?今年のトレンドを語る上で一着は持っていたいオススメのビッグTシャツ。サイズ感も難しくないのでジャストか大き目を着れば問題ないファッション初心者にもオススメのアイテムです。

今年は特に、厚手のヘビーウェイト素材や、レイヤーで重ね着するアンサンブルスタイルがトレンドの中心となっていて涼しい秋まで長く着れます。

コーディネートも非常に簡単なのでビッグシルエットに抵抗があった方も一度チャレンジしてみて下さい。なぜこれほど流行し定番化したか理由がわかりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク