UNIQLO│ユニクロ 2017年秋冬から始動するJ.W.Andersonとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

現在、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とコラボ商品を展開している、UNIQLO│ユニクロから、今年2017年秋冬から、またもやUNIQLO│ユニクロが、大物デザイナーとの大型コラボをします。J.W.Anderson (J.W.アンダーソン)とは?

UNIQLO│ユニクロは現在、クリストフ ルメール(Christophe Lemaire)、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)というフランスを代表するデザイナーとのコラボ商品をここ数シーズン展開発売し、大変好評を得ています。

店舗では、クリストフ ルメールは、前期と今期はUniqloU、ブランド名として。

イネス・ド・ラ・フレサンジュはデザイナー名そのままに、INES DE LA FRESSANGE、ブランド名として。

どちらも商品発売日には大量の並び列が出来るほど売れています。

事実人気商品はかなり早い段階でオンラインからも消えてる、もしくは需要サイズのサイズ欠けなどの人気ぶりです。

それでは、まず現在展開しているクリストフ ルメール(Christophe Lemaire)、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とは?

CHRISTOPHE LEMAIRE

クリストフ ルメール

ブランドのはじまり

1990年、クリストフ ルメールが自身を冠した「クリストフ ルメール」のブランド設立。

クリストフ ルメールについて

ルメールはフランスのファッションブランド。

創業者のクリストフ ルメール(Christophe Lemaire)は1965年、フランスのブザンソンに生まれる。始めは文学を専攻。その後ファッションに転向。アトリエ・セーブルを卒業。

ティエリー・ミュグレーイヴ・サンローランのデザインスタジオで働いた後、1986年~1990年の間、ジャン パトゥクリスチャン ラクロワでラクロワのアシスタントとして経験を積んだ。87年、ギャラリーラファイエット財団賞受賞。Andam賞も2度受賞している。

1991年、自らの名を冠した「クリストフ ルメール」のブランド設立。レディースブランドを立ち上げる。1994年、メンズコレクションを発表。

出典:FASHION PRESS icon-external-link 

UniqloU

ユニクロU

クリストフ・ルメール率いるデザイナーチームがパリのアトリエからお届けする、ベーシックな服に革新をもたらすコレクション。
新しい素材や最先端の技術を取り入れ、他にない服のかたちを探求することで、
わたしたちの服を新しいベーシックへと創り変えていく。
Uniqlo U それは、ユニクロが目指すLifeWearの未来。

出典:UNIQLO公式Uniqlo Uページ icon-external-link-square 

UniqloUの商品は管理人が感じたのは、「極めて普遍的なリアルクローズのアイテムを上品に鮮麗されて昇華させている」

前期はかなりUniqloUには個人的にもお世話になり、かなり購入させて頂きました。

スウェットプルパーカー(黒)

当時フードの立ちがすごい!と話題になりあっという間に完売してしまいました。

フードすごすぎます!自立します!ビビります!

スウェットプルパーカー(グレー)

あまりに感動ものの商品だった為、迷わず二色買いしました。

生地もすごく上品なスウェットで脇はリブ仕様に脇ポケットと、これでもか!というくらい凝った商品です。

コスパすごすぎる商品でした。

スウェットシャツ(黒)プルパーカーのトレーナー版。

同じ生地に脇リブ仕様も同様に。肩はラグラン。

太い首リブにガゼットが無いため非常に上品な雰囲気。

スウェットシャツ(グレー)

昨年のUniqloUのスウェットは、本当にどれも傑作商品でした。

普遍的な商品を上品に鮮麗させたを象徴していると思います。ずっと長く使えます。

ボケットロングスリーブシャツ(黒)。いわゆるロンT。

非常に肌触りがいい柔らかい厚手の生地で、ほどよくゆったり。

着丈と袖丈も長め。

無地ロンTの決定版といっていい名作。

ラガーポロシャツ(黒)

こちらもロンT同様、ほどよくゆったりと、長めの着丈に長めの袖丈。

シンプルイズベストな、無地ポロのこれも名作。

ライトウェイトダウンジャケット(黒)

Uniqlo版ノースフェイス(THE NORTH FACE )ヌプシといった感じ。

完全無地なので、非常に上品そしてシンプルに何にでも合わせられて非常に重宝しました。

ライトウェイトなので、収納袋が付属していました。

が、収納した事がありません・・・

ミラノリブVネックセーター(黒)

最近ニットで主流になりつつある、ミラノリブのVネックセーター。

深めのVに長めの袖丈。

Tシャツの上に、カッターシャツの上にと、合わせも万能!

と、こんなに買わせて頂きました!

どの商品もずっとヘビロテさせてもらってます。

どの商品にも共通するのが、シンプル。綺麗なシルエット。価格以上を超えた生地に作り。

シンプルだからこそ、合わせるものを選ばない。

シンプルだからこそ、普遍的にずっと使えていけるのです。

それが、UniqloUです。

Inès de la Fressange

イネス・ド・ラ・フレサンジュ

生年月日:1957年8月11日 (59歳)

出身地:ガッサン

身長:180 cm

イネス・ド・ラ・フレサンジュは、フランスのファッションモデル、ファッションデザイナー。 現在モデルとしての活動は多くないが、サロン経営やジャン=ポール・ゴルチエを始めとするブランド・コンサルタントへと活躍の場を広げている。Wikipedia

UNIQLO│INES DE LA FRESSANGE 商品ページ icon-external-link 

イネス・ド・ラ・フレサンジュは、フランス的な上品に加えて、古着っぽさをミックスした、かなりカジュアルな感じ。

可愛い大人な女性な印象を受けます。

そして、J.W.アンダーソン・・・

J.W.Anderson

J.W.アンダーソン

ブランドのはじまり

デザイナー、ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンによって設立。

J.W.アンダーソンについて

ジョナサン・ウィリアム・アンダーソン(Jonathan William Anderson)は、1984年、北アイルランド生まれ。

俳優としてキャリアを積む間にステージ衣装に興味を持ち、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでメンズウェアデザインを学んだ。2005年にロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業。

2009年秋冬コレクションでロンドンファッションウィークのオフスケジュールでデビュー。MAN(TOPMANによる若手メンズウェアデザイナーサポートプロジェクト)。

2010年秋冬コレクションでNEWGEN(ブリティッシュ ファッション カウンシルの若手デザイナー支援プログラム)のスポンサーシップを取得。同時にウィメンズコレクションも開始した。

2012年、イタリアの高級ブランド「ヴェルサス(VERSUS)」とのコラボレーションによるカプセルコレクションを発表。

出典:FASHION PRESS  

UniqloJ.W.Anderson icon-external-link-square   ※画像は埋め込み動画です。

2017年秋冬 UNIQLO│ユニクロから始動する。J.W.Anderson

今から楽しみで待ちきれません!とにかく商品が早く見たいですね!

これからも 好きなことだけ通信

UNIQLO│ユニクロ、J.W.Andersonの情報を追っていきます!

宜しくお願いします!

2017/07/19 新着記事を更新しました!

UNIQLO×J.W.Anderson│2017年秋冬全ルックまとめメンズ編

気になったファッションとか雑貨とか音楽とか

スポンサーリンク

スポンサーリンク