メルカリ│商品の保管と発送まで代行「あとよろメルカリ便」メリットとデメリットを検証

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

フリマアプリ「mercari│メルカリ」が、出品後から売れる前の商品の保管と、売れたあとの梱包・発送を代行してくれる配送サービス「あとよろメルカリ便」のサービスを2020年12月8日(火)より開始!やり方を詳しく解説!そしてメリットとデメリットも検証します!

メルカリ「あとよろメルカリ便」

フリマアプリ「mercari│メルカリ」が、出品者が商品を出品後に”売れる前の商品の保管”と、”売れたあとの梱包・発送”を代行する配送サービス「あとよろメルカリ便」サービスが、2020年12月8日(火)より提供が開始します。

あとよろメルカリ便とは?

✅「あとよろメルカリ便」とは?

商品を出品する出品者ユーザーが「メルカリ」上で出品した商品を、出品段階でメルカリの提携倉庫へ発送。

発送された商品は商品が売れるまでの商品の保管※1と、売れたあとの梱包・発送までの作業を提携業者が代行してくれる保管・配送サービスです。

「あとよろメルカリ便」は物流フルフィルメントサービスを提供する株式会社オープンロジが商品管理・保管、梱包・発送までの作業対応を担当、代行してくれます。

※1保管期間は2ヶ月。2ヶ月以内に売れなかった商品は返送されます(返却配送料:980円)

あとよろメルカリ便を利用するまでの流れ

「あとよろメルカリ便」の利用方法
  1. メルカリアプリから「あとよろメルカリ便」を申し込む。
  2. 出品後、預ける商品を選択。
  3. 集荷の依頼をして倉庫へ発送する。
  4. 倉庫に届いたら倉庫で撮影された写真をアプリで確認し出品を再開する。

①メルカリアプリの出品するタブから「あとよろメルカリ便」の申込みページへ飛んで申し込みます。

②あとよろメルカリ便を申し込んだら、倉庫へ預ける荷物を選びます。

倉庫へ預けられる荷物、すなわち「あとよろメルカリ便」に登録可能な出品数は30商品までとなります。

③倉庫へ預ける荷物を集荷依頼して倉庫へ発送します。

複数ある場合は一箱(一袋)にまとめて詰めておきます。

④倉庫に届いたら、代行業者が商品を撮影してくれます。

撮影したらアプリに通知が来るので、出品を再開しましょう。

✅出品を再開したら「あとよろメルカリ便」の名称どおり「あとはよろしく」となり、商品が売れたら倉庫スタッフが梱包し、適切な配送方法で購入者へ発送してくれます。

なお上述しましたが倉庫での商品保管期間は最大2ヶ月間です。

※2ヶ月以内に売れなかった商品は返送されます(返却配送料:980円)

「あとよろメルカリ便」料金表

あとよろメルカリ便 らくらくメルカリ便 差額
ネコポス 260円 175円 85円
宅急便コンパクト 480円 380円 100円
宅急便60 950円 700円 150円
宅急便80 1,100円 800円 300円
宅急便100 1,400円 1000円 400円
宅急便120 1,600円 1100円 500円
宅急便140 1,800円 1300円 500円
宅急便160 非対応 1600円 非対応

✅「あとよろメルカリ便」発送料金を通常の「らくらくメルカリ便」との比較表です。

差額が実質、あとよろメルカリ便の手数料と考えて良いでしょう。

これを見るとサイズによりますが、ネコポスの85円から最大サイズとなる宅急便140の500円まで。

売れてから梱包し~、ものによっては梱包する資材を調達し~、発送しにコンビニなどへ足を運び~、とかの手間を考えるとたったの数十円からワンコインの500円で代行してくれることを考えるとかなり破格でリーズナブルなサービスだと思います。

「あとよろメルカリ便」メリット

「おまかせ大型配送」メリット
  1. ダンボールなどの梱包材、クッション材などの緩衝材が不要なところ!
  2. 梱包と発送する手間が無い

1.  小さいサイズのネコポスや宅急便コンパクトならともかく中型や大型の商品を出品したことがある方ならご経験があると思いますがサイズに合ったダンボールの調達が本当に大変💦

普段から出品用のダンボールを各サイズ保有しているユーザーは滅多にいないと思います。普通であれば出品物に合った大きさから丁度良いサイズのダンボールを探しに行くところから始めねばならず、さらに必要であればプチプチのエアークッションで商品を包み、発泡スチロールの緩衝材を中に詰めて、と…

調達から梱包の準備までとにかく大変です💦

それらの手間が一切無い上にそれが、多少発送費用が高くでもプロがしっかりとサイズに合った梱包材と緩衝材で梱包してくれるから楽な上に配送破損のリスクも少なく確実に安全です。

2. 梱包する手間もそうですが、やっぱり発送するためにコンビニや郵便局、ヤマトの営業所へ足を運びロッピーなどで発送の受付して~、窓口へ出して~、自宅へ帰って~、といった面倒な手間から解放されます。

もちろん単なる手間のみならず、お金にはかえられない発送しに行く時間を節約できることが一番のメリットと言えるでしょう。

まさに「時は金なり」です。

「あとよろメルカリ便」デメリット

「おまかせ大型配送」デメリット
  1. 最大保管期間が2カ月
  2. 最大保管商品数が30商品まで。


1.  最大のデメリットはコレ!保管期間がマックス2カ月。

もし2カ月以内に売れなければ、返送配送料が一箱980円の出費となり返送されてきてしまう事です。

破格な代行手数料に対して返送配送料980円はけっこう痛い出費です。

本来利益を出したいために出品するハズが商品価格によってはマイナスになってしまう恐れも…

かなりの数を出品している方ならわかるかと思いますが、2カ月以上売れずにそのまま放置、いつか売れるかコメントが来ればいいや!という膨大な商品数に対してそういった商品がいくつかある人は多いかと思います。

そういった出品スタンスの方にはこの2カ月縛りは「2カ月以内に売らなければならない」といったプレッシャーになり思いのほか厳しいルールなのかな、と推察します。

2.  そしてもう一つのデメリットはやっぱり最大保管商品数が30商品まで」

その理由としては、この「あとよろメルカリ便」の恩恵を最大に受けられるのは多くの数を出品するヘビー出品ユーザー

多く出品していれば商品ごとに売れるタイミングも異なり、発送するタイミングも違ってきます。都度都度タイムリーに即日発送できる出品者ばかりではないので、ある程度まとまったら発送する出品者が多いでしょうが、そう都合よくまとめたいタイミングで売れるわけでもなく、予定どおりにはなかなかいきません。

そういったヘビーユーザーこそ、梱包から発送までの代行は非常に楽で効率が良く、また数多く出品しているから仮に2カ月以内に売れなくても数十商品まとめてならば返送配送料の980円1商品あたりで計算すればそこまで高い出費とは感じないでしょう。

そんなヘビーユーザー向けのサービスだからこそ「最大保管商品数30商品まで」はサービスの高い恩恵を受けるにはちょっと少なめでは、と感じてしまいます。

「あとよろメルカリ便」総評

上述で考えうるデメリットも考察しましたが、それでも数十円から数百円の手数料で梱包から発送まで代行してくれるメリットのほうが大きく、このサービスを利用する価値のほうが上回るのは間違いありません。

そのためにも少しでもデメリットのリスクを減らすために…

  1. 「あとよろメルカリ便」の利用は出来るだけ数多く出品するときに利用する。
  2. それらの出品物を同日に申し込む。

上記の2点の条件を満たしたときに利用すれば、2カ月以内に売れなかった場合の返送手数料980円のデメリットもさして気にならないのではないでしょうか。

そしてまたある程度、出品したい数が揃ったら利用~のエンドレスが理想的なサービスの利用方法かと思いますよ。

メルカリアプリをまだダウンロードしていないならこちら👇から!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク