Amazonアソシエイト|PA-API5.0対応「WPアソシエイトポストR2」使い方解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

WordPressのアフィリエイトサービス「Amazonアソシエイト」のバージョンが2020年3月9日からPA-API5.0へ移行、Amazon公式リンク作成ツール「Amazon Associates Link Builder」サービスも終了しました。5.0に対応している代替えプラグインとして「WP Associate Post R2」がオススメ!設定から使い方を備忘録代わりに詳しく解説!

WPアソシエイトポストR2

「WP Associate Post R2」はAmazonアソシエイトをベースに、楽天アフィリエイト、Yahooショッピングアフィリエイト(バリューコマース)のリンクを簡単に作成できるWordPress(ワードプレス)用の便利なプラグインです。

ビジュアルエディタ内で紹介したい商品が簡単に検索できて、こんなアフィリエイトリンクが簡単に作成、記事に挿入することが出来ます。

これまで「Amazon Associates Link Builder」をずっと使用していましたが、「Amazonアソシエイト」のバージョンが2020年3月9日からこれまでの「PA-API 4.0」から「PA-API5.0」へ完全に移行したことに伴い、「PA-API5.0」には対応しない「Amazon Associates Link Builder」サービスも終了。完全に機能が停止してしまいました。

「Amazon Associates Link Builder」は設定も簡単でリンク作成もお手軽、CSSでカスタイマイズも容易にできて、表示が多少崩れるもののAMPページにも対応していたため重宝していたのでとても残念ですが、対応策を考えるしかありません。

そこで代替えの候補として挙がったのが

  • AmazonJS
  • WP Associate Post R2

「AmazonJS」は、「Amazon Associates Link Builder」の前にずっと使っていたのですがモバイルページをAMP化したことに伴い当時AMPページに表示されなかったので使うのを止めていました。

最新のバージョン 0.10ではAMPページに表示されるものの商品説明テキストのみとなっており「Amazon Associates Link Builder」ほどのユーザビリティを満たしておらず、そこで候補に挙がった「WPアソシエイトポストR2」を使ってみることにしました。

せっかくなので備忘録代わりに設定方法と使い方を詳しく解説していきたいと思います。

WPアソシエイトポストR2 設定

✅プラグインの新規追加から「WP Associate Post R2」で検索しましょう。

「WPアソシエイトポストR2」では検索にヒットしませんので気を付けて下さい。

✅ダウンロードする場合はこちらから👇

✅そして今すぐインストールしてから有効化しましょう。

「インストール済みプラグイン」からWPアソシエイトポストR2の「設定」から設定していきます。

✅まずは「Amazonアソシエイト / Product Advertising API」から設定しましょう。

赤の「」内を埋めていきます。

Amazonアソシエイト icon-external-linkにログインし、グローバルメニュー「ツール」から「Product Advertising API」を選択。

✅まだ「PA-API5.0」アクセスキー、シークレットアクセスキーを取得していないのなら「認証情報を追加する」から「PA-API5.0」のアクセスキー、シークレットアクセスキーを取得して下さい。

これから取得できるアクセスキー、シークレットアクセスキーは「PA-API5.0」のものとなります。

✅「アクセスキー」と「シークレットキー」をコピーして設定画面へペーストします。

※「アクセスキー」は作成後いつでも確認できますが、「シークレットキー(シークレットアクセスキー)」は作成した時しか確認できない(※表示されないためコピーも出来ない。)ので、「認証情報をダウンロードする」でcsvファイルをダウンロードし大切に保管しておきましょう。

✅「Amazonアソシエイトのリンクを有効にする」に✔を入れ、上記のコピーした「アクセスキーID」と「シークレットキー」をそれぞれペーストします。

トラッキングIDはもちろん「アソシエイトID」の事です。

✅アソシエイト・セントラル・ホームのトップページ右上から「アソシエイトID」をコピーして設定画面へペーストしましょう。

✅次は「楽天アフィリエイト」を設定していきます。

同じく赤の「」内を埋めていきます。

Rakuten Developersicon-external-linkから楽天アカウントでログインし、右上の「+アプリID発行」から進めます。

✅赤の「」内の項目をそれぞれ埋めていきます。

・アプリ名:あなたのブログ/サイト名

・アプリURL:あなたのブログ/サイトURL

このサイトの場合なら…

・アプリ名:好きなことだけ通信

・アプリURL:https://favorite-fashion.com/

となります。

✅そして知ったきっかけのいずれか該当する項目に✔を入れて「規約に同意して新規アプリを作成」で完了です。

「アプリ情報の確認」から「アプリIDデベロッパーID」と、「アフィリエイトID」をそれぞれコピーして設定画面へペーストします。

「楽天アフィリエイトのリンクを有効にする」に✔を入れて、それぞれの項目がちゃんとペーストされている事を確認したら、楽天アフィリエイトの設定は完了です。

✅次は「Yahooショッピング / バリューコマースアフィリエイト」の設定です。

こちらの赤の「」内の埋める項目は・sidと・pidです。

バリューコマースアフィリエイトの・sid・pidの確認方法はちょっと複雑です。

✅まずはバリューコマースアフィリエイト icon-external-linkにログインして、広告主検索から「Yahoo」を検索して下さい。

✅検索したなかから「Yahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)通常プログラム」を選び「広告素材を選ぶ」で進めて下さい。

✅このプログラムは即時提携で審査がありません。「同意」を押せば即広告の作成が可能になります。

✅広告素材のなかから「自由テキスト広告」を選択し「広告作成」広告作成コードを表示させます。

その作成した広告コードのなかで・sid・pidが確認できます。sidは数字7ケタ・pidは数字9ケタで構成されています。

それぞれsidの数字と、pidの数字をコピーして設定画面へペーストしましょう。

✅「

もしもアフィリエイトの設定はする方も少ないと思いますのでここでの説明は割愛します。設定する方は下記リンクを参考に設定して下さい。

✅アフィリエイトの設定が終わったら「テンプレート」の「スキンcss」を選び、「その他」「Googleアナリティクス連携」の「Googleアナリティクスを使ってクリック数を計測する」に✔を入れて「変更を保存」したら全ての設定の完了です。お疲れ様でした!

WPアソシエイトポストR2 使い方

ビジュアルエディタ上に「商品リンクを追加」のボタン🔘が追加されています。これが「WPアソシエイトポストR2」の広告リンク作成ボタンになります。

ナノケアで検索してみました。こんな感じで検索した候補が表示されます。検索してから表示も早くエラーも起こりません。レスポンスも軽く良好です。

貼り付けるアフィリエイトリンクを「Amazon」「楽天市場」「楽天ブックス」それぞれ単体でのリンク作成も可能です。

上記の表示をAmazonから楽天市場に変更するとこんな感じ。紹介利率が表示されているのも親切でわかりやすいです。

楽天ブックスでの表示。ちゃんと正確にそれぞれの金額や紹介利率も反映されているのが確認できます。

そして選択した商品からリンクを作成。確認画像。標準の場合。

画像・テキスト(横)の場合。

画像・テキスト(縦)。

記事に合わせて選択して下さい。

リンクを作成して記事に貼り付けるとビジュアルエディタでは一律この表示です。

ショートコードはテキストエディタでちゃんと確認できます。

プラウザでの表示。

モバイルでの表示。

AMPページでの表示。画像が画面いっぱいの大きさ💦この1/4くらいの大きさが理想ですがそれでもAMPページで表示されるだけでもマシかな?と…

さいごに

PA-API5.0対応していて、設定も簡単でお手軽にアフィリエイトリンクが張れる「WPアソシエイトポストR2」が「Amazon Associates Link Builder」代替えの最有力候補になると思います。ただしAMPページの表示がまだ及第点ではありませんが、それでも既存のほかのプラグインに比較すれば許せる範囲かと。(※テキストの表示はこのままで十分ですが画像の大きさが1/4くらいになれば理想的です。ぜひアップデートして修正して欲しいですね。)

とても便利なのは間違いないので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク