WordPress ドメイン変更での301リダイレクトをプラグインと.htaccessで解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

WordPress(ワードプレス)で、常時SSL化のためなど独自ドメインへ変更した場合、URLの変更に伴い新しいドメインへ転送する必要があります。その必要な作業「301リダイレクト」をプラグインで行う場合と、.htaccessに直接記述する場合を詳しく解説します。

301リダイレクト

301リダイレクトとは?

URLが恒久的に変更されたときに新たなドメインへ転送させるために処理するステータスコードです。

旧URLから新URLへ書き換わるまで、旧URLでサイトに訪れたユーザーは「HTTP エラー 301」となってしまいます。

その為、URLリダイレクト(URL redirection)※自動的に新しいドメインへ転送されること。が必要となります。

そこで新しいドメインへの301リダイレクトをプラグインを使う方法と、.htaccessへリダイレクトの記述をする方法、の2種類を詳しく解説します。

Redirection

✔プラグインなら、評判が高い「Redirection」がオススメです。

Redirection – WordPress プラグイン | WordPress.org icon-external-link 

✔まずは新規追加から「Redirection」で検索し「今すぐインストール」し、そして「有効化」しましょう。

✔ダッシュボードのツールの中に「Redirection」が追加されているので初期設定していきます。

✔初期設定画面。この画面はプラグインの説明なので、「Start Setup」で次へ進みましょう。

✔そして上の画面の2項目に☑を入れて、「Continue Setup」で次へ進みます。この2項目の意味は。

投稿の変更を監視

固定ページの変更を監視

です。

✔そして次の画面で「Finish Setup」で次へ進みます。

✔セットアップが完了しました。「Finished!」で初期設定は終了です。

✔初期設定が完了したらリダイレクトの設定に入ります。「転送ルール」から「新しい転送ルールを追加」で設定しましょう。

設定はいたって簡単で、

ソース URL へリダイレクト元となる旧ドメインを

ターゲット URL新しいドメインを

それぞれ入力するだけです。

このサイトの場合は…

ソース URL http://rawfashion.mimoza.jp

ターゲット URL  https://favorite-fashion.com

となります。

✔入力したら「転送ルールを追加」を押しましょう。

リダイレクトルールが追加されました。

これで旧ドメイン

 http://rawfashion.mimoza.jp

から新ドメイン

 https://favorite-fashion.com

へリダイレクト処理してくれます。

.htaccess

.htaccessへ記述する場合は、サーバーのファイルマネージャーから、データベースの中にある、.htaccessへ右クリックで編集し以下を記述します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^旧アドレス(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) https://新アドレス/$1 [R=301,L]

当サイトの場合なら、

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^rawfashion.mimoza.jp(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) https://favorite-fashion.com/$1 [R=301,L]

となります。

さいごに

これで、新しく設定したドメインへリダイレクト処理がされます。

ご自身の環境に合わせてプラグインを用いるか、.htaccessへ直接記述するか選択して頂ければと思います。

「独自ドメイン」へ変更する一番の大きな理由は「SSLサイト」にする事に尽きるでしょう。

非SSLサイト(http://)ではこれからユーザーに訪問されにくいサイトになってしまうため結果、SEOにも悪影響が出ます。

「常時SSL化」にするために「独自ドメイン」を。

まだ対応されていないサイトはこの機会にぜひご検討下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク