メルカリ│売上金を電子マネー決済出来るサービス「merpay」詳しく解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フリマアプリ「mercari│メルカリ」売上金セブンイレブン、すき家、マクドナルド、ガストなど全国約80万か所電子マネーとしてスマホで決済出来るサービス「merpay」が開始!これにより振込申請せずともメルカリ以外で決済出来るようになりとっても便利になります!さっそく使ってみたので設定から、使い方まで詳しく解説しちゃいます!

メルカリ ”merpay(メルペイ)”

フリマアプリ「mercari│メルカリ」が、2019年3月からメルカリで販売した売上金を「振込申請」せずとも、そのままスマホで電子マネーとして決済出来るサービスを開始しました!

その名も「mercari│メルカリ」+「pay│ペイ」

「merpay│メルペイ」です。

全国約80万か所で使用出来る電子マネー決済サービスで使用出来る店舗は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、すき家、マクドナルド、ガスト、イオン、かっぱ寿司など。

今までは、メルカリで売れても現金化するために振込申請するには、211円以上でなくてはならず、さらに振込手数料が無料なのは1万円以上の場合のみ1万円未満の場合は、振込手数料が210円必要でした。

この縛りのため数百円~数千円の少額売上の場合が続くとき計画的に振込申請していかねばならず、1万円未満の売上金が長期的に使用出来ずに保留されている状態でした。

しかしこのサービスが始まったことにより1万円未満の使い道の選択肢が大きく広がることになりそうです。

それでは、さっそくこの新サービス「merpay│メルペイ」の設定方法と使い方を詳しく解説していきますので、一緒に見ていきましょう!

「merpay│メルペイ」の設定方法

「merpay│メルペイ」の設定は、通知が来ていた「お知らせ」から。

もしくは「merpay│メルペイ」開始後アップデートにより刷新された「メルペイ」ページ内「コンビニなど店舗でのお支払い方法」から出来ます。

設定ページ開始は「merpay│メルペイ」の簡単な解説からスタートします。

  • 売上・ポイントが電子マネーとして使える!
  • 全国80万箇所!使えるお店
  • 1ポイント = 1円でご利用可能

「使えるお店をすべて見る」をクリックすると現在メルペイで利用登録されている店舗の一覧を見ることが出来ます。

利用可能な店舗の一覧

利用開始からアナウンスされていた加盟店

  • イオン
  • 上島珈琲店
  • かっぱ寿司
  • ガスト
  • 牛角
  • グッディ ホームセンター
  • しゃぶしゃぶ温野菜
  • すき家
  • セイコーマート(コンビニ)
  • セブンイレブン
  • ツルハドラッグ
  • ファミリーマート
  • PRONTO(プロント)CAFFE & BAR
  • ポプラ(コンビニ)
  • マクドナルド
  • ミニストップ
  • ローソン

のほか。

  • やまや(小売店チェーン)
  • スーツのAOKI
  • イズミ・ゆめタウン
  • RIZAP(ライザップ)
  • TULLY’S COFFEE
  • コスメティクスアンドメディカル
  • スギ薬局
  • くつろぎの里「庄や」
  • イズミヤ
  • はま寿司

と続々と加盟店が増えていっています。これからさらに利用出来る店舗が増えてますます便利になっていく事は明白でしょう。

ご利用までの流れ

次にご利用までの流れが説明されます。

1.電子マネーカードを設定しよう。

※実際カードが発行されて送られてくるわけではなくアプリ内に画面としてカードが発行されます。

2.ポイントを購入しよう。

※売上金を「1ポイント = 1円」としてチャージして初めて利用できます。ただしこちらにも縛りはあり、

  • 最低チャージ(入金)金額:¥1,000/回

となっており、1回のチャージでは最低1,000円以上をチャージしなければなりません。

しかしそれでもチャージや利用に手数料がかかるわけではないので、計画的にチャージ→利用していけば非常に有用に無駄なく利用していける事がわかるかと思います。

3.レジでお支払い方法を伝えよう

※「ID(アイディ)で」とレジで伝えれば、あとはよく見る電子マネー決済へスマホ画面をタッチさせるだけです。

4.スマホをかざしてお支払い

という流れになります。

それではようやく「設定をはじめる(無料)」から設定をしていきましょう。

設定をはじめる

設定は非常に簡単で開始するとすぐこの画面になります。

するとすぐさまSNSでメルカリアカウントで認証した携帯番号(操作中のスマホ)に4ケタの認証番号が送られてきます。

その認証番号を入力したら「認証して完了」をタップして下さい。

無事認証が完了すると、

1.電子マネーカードを作成しました!

となりメルカリアプリ内に電子マネーカードが設定されます。(カードは送られてきません。画面内での発行となります。)

右へスライドして「次へ」タップしましょう。

2.電子マネーの情報をiPhoneに追加します

「電子マネーの情報を追加」タップして設定完了となります。

ここからは全て自動で設定がされていきますので、画面を確認しながらタップしていくだけです。

「OK」をタップしましょう。

iPhoneをお使いの方は「Apple Pay」に追加されます。

「続ける」をタップして下さい。

「Apple Pay」にカードを追加する前に利用規約が出ます。

第9条までスクロールさせ「同意する」をタップしましょう。

利用規約に「同意する」で初めてカードが追加されます。

さあこれで電子マネーの情報が、iPhoneに追加されました!

メルペイが利用出来る状態になりましたよ。

お疲れ様でした!

それでは実際使ってみましょう!

メルペイ使い方

売上金¥0でメルペイでのポイントは0ポイントですが、実際使うには「ポイント購入」をタップして「売上金」「ポイント」チャージします。

初めて設定を完了させるとこの画面での使い方がポップアップで説明してもらえます。

まずは売上金をポイントへチャージしなければなりません。

「ポイント購入」からチャージ出来ます。

そしてポイントをチャージしたら店舗で「電子マネー(ID)を開く」からメルペイ決済用の画面を開き、その画面をかざすといった流れです。

ポイントは0ですが「電子マネー(ID)を開く」で開いてみましょう。

メルペイ決済用のカード画面になります。

認証させて確定させましょう。

この画面を加盟店店舗のレジでリーダーにかざして使用するわけです。

簡単ですね!

さいごに

売上金が1万円未満で、振込申請の手数料210円を払うほどでない少額の場合、今までは出品物が売れて売上金が1万円を超えるまで使い道がない売上金のまま保留にしていなければならないといったせめぎ合いが続いていたかと思います。

それがこらからはメルペイによって、コンビニやファーストフードやファミレスといった、日々お世話になる使い道が選択肢に増えることによって、ちょうど数百円から数千円の売上金が綺麗に消費する事が出来るようになり非常に効率が良くなります。

どうせ買うものならば、どこから支払っても一緒なので、メルペイを積極的にどんどん利用していくと良いでしょう。

メルカリ│売上金を電子マネー決済出来るサービス「merpay」詳しく解説

でした!

皆様のメルカリライフが少しでも快適になるお手伝いになれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク