メンズのデニムパンツ令和流はゆったり太いシルエットが最旬トレンド!コーデまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

メンズファッションのオシャレでデニムパンツを履くことが見られなくなり令和入ってますますデニムの「ジーンズ離れ」が顕著になりました。そんなデニムパンツをオシャレに履きこなす最強シルエットはゆったり太めのワイドパンツが令和流の最旬トレンド!オススメブランドとトレンドを先駆けるファッショニスタのコーデをご紹介!

メンズトレンドのワイドシルエット”デニムパンツ”

ここ数年前からのトレンドサイクルですっかり定番となったのがブラックスキニーデニム。膝にクラッシュが入ったものからプレーンなものまで様々なデザインアプローチされたスキニーがファッションシーンを席巻しました。

そしてスキニー以外でトレンドとして台頭してきたのが、ゆったりと太いシルエットのワイドパンツから、お尻の辺りはゆったりとしていて、裾にかけて細くなるシルエットのペグトップ・パンツ。ストレートシルエットのトラウザー、そしてウエストがゴムになっているイージーパンツなどいわゆる「ゆるボトムス」がオシャレメンズの新しい定番になりつつあります。

生地はコットンツイル素材の無地のブラックやベージュなどのアースカラーのほか、ポリエステルやレーヨンが混紡されたキレイ目トラッドなタータンチェックやグレンチェックなどのクラシックチェックが主流でしょう。

そんなトレンドのなかでメンズファッションのオシャレでデニムパンツを履くことがどんどん見られなくなり令和入ってますますデニムのいわゆる「ジーンズ離れ」が顕著になりました。

その「ジーンズ離れ」が起きている令和のなか、デニムジーンズをオシャレに履きこなす最強シルエットはずばり!ゆったり太いワイドシルエット!

令和に入ってもオシャレなファッショニスタたちはデニムジーンズを履きこなしトレンドアイテムとしてしっかり発信しています。

そんなトレンドを先駆けるファッショニスタたちのデニムジーンズを使ったオススメコーデと、オススメブランドをご紹介します。

デニムパンツのオススメコーデとオススメブランド

ウェアリスタ(WEARISTA)のKEIさんがプロデュースする『ADRER』(アドラー)からケミカルウォッシュを施したハイウェストワイドパンツのデニムジーンズを使ったコーデ。ケミカルウォッシュのデニムはメンズだけでなくレディースでも人気のトレンドアイテムです。

『ADRER』(アドラー)

『ADRER』(アドラー) からバイオウォッシュしたケミカル加工のヴィンテージメイクワイドテーパードデニムは、WEARユーザーの着用率も高い人気アイテム。フェミニンな印象がとてもオシャレなオススメアイテム。

【MONO-MART】(モノマート)からワイドパンツよりさらに太いバルーンシルエットのデニムジーンズを使ったコーデ。太いデニムパンツはオーバーサイズTシャツやキレイ目なオープンカラーシャツとの相性が抜群。裾は軽くロールアップするのも”こなれ感”のあるオシャレな着こなしでオススメ。

【MONO-MART】(モノマート)

ワイドパンツよりさらに太いシルエットが特徴の『ワイドテーパード バルーンドデニムパンツ』ウェストに入ったタックでさらに太いシルエットと腿から裾にかけてバルーンシルエットを作ったカジュアルながらもキレイ目な今年のトレンドアイテム。

GU(ジーユー)のコクーンシルエットジーンズのケミカルウォッシュカラーを使ったコーデ。このアイテムはレディースアイテムですが、太い繭のようなを意味するコクーンシルエットはメンズでもご覧の通りオシャレに履きこなせるボトムスなので、メンズでもカッコよく履けるアイテムです。

同じくGU(ジーユー)から今年からリリースされ一気に人気アイテムになった程よいゆったりシルエットがとてもオシャレなイージーパンツのGU版シェフパンツのインディゴデニムを使ったコーデ。オープンカラーの柄シャツにサンダルが爽やかでナチュラルなオシャレコーデに。

GU(ジーユー)

ジーユーのレディースアイテムで大人気アイテムが「コクーンシルエットジーンズ」ほどよいぴったりウェストから繭のように裾にかけてバルーンシルエットになるワイドシルエットがフェミニンでとてもカッコイイ。メンズでもがんがん履いちゃって下さい。

ほどよく太くほどよくゆるく履けるジーユーのイージーパンツとして今年のメンズアイテムで大人気のシェフパンツ。ハイウェストの腰から裾にかけてゆったりとしたテーパードシルエットが着用者の体型を選ばず誰が履いてもオシャレに決まります。

こちらもウェアリスタ(WEARISTA)のtaiさんがプロデュースする「act’m」(アクトム)からワイド デニムバルーンパンツを使ったコーデ。ウェストに大きく入ったギャザーでより太いシルエットを作ったパンツ。今年のデニムパンツはワイドシルエットが最旬トレンド。

act’m(アクトム)

極端に太いバルーンシルエットで仕上げた「act’m ワイド デニム バルーン パンツ」今年のデニムは下半身にボリュームを持たせた「Aラインシルエット」がオシャレに決まりオススメです。

WEGO(ウィゴー)版イージーパンツのDADパンツのインディゴカラーを使ったコーデ。ジーユーのシェフパンツに通じるほどよい太めシルエットが着用者を選ばず誰でも履きこなせるからファッション初心者にもオススメしたい万人向けアイテム。

WEGO(ウィゴー)

WEGO(ウィゴー)から展開されているDADパンツは、店舗オンライン兼アイテムが無地柄からデニム、そしてチェックや柄物まで圧倒的な19色でのラインナップ。さらにWEB限定で展開している同名アイテムは35色のも展開。必ず欲しいカラーが見つかること間違いなし。

いかがでしたか?

「ジーンズ離れ」が加速する2020年令和のデニムジーンズ事情では、より太いワイドシルエットやバルーンシルエットにボトムスとしてのデニムジーンズは生き残る道がファッショニスタたちにより見出された感じのトレンド事情になっています。

万人受けする程よく太いゆったりイージーパンツは初心者向けに、個性的にオシャレを楽しみたいならより太いワイドパンツ。さらに太いバルーンシルエットに挑戦してみてはいかがでしょう。

デニムの濃淡は濃いめのインディゴカラーか、ちょっと尖ったケミカルウォッシュがオススメですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク